Facebook Twitter
finance--directory.com

保証付き発行生命保険

投稿日: 4月 17, 2021、投稿者: Nestor Villamil

「保険不可能な」安全なカバレッジを支援することは困難です。 健康上の問題を抱えている、または過去に補償を拒否されているクライアントは、生命保険の補償を必要としています。 1つのオプションは、問題のある生命保険の補償を保証されています。 報道の危険な性質を考えると、それを提供する保険会社はほとんどいません。 ただし、ほんの少しの準備とさらなる努力により、適切なポリシーが見つかります。

生命保険医学的質問

高リスクのクライアントは、彼らの健康の背景に関する質問に答える必要があるため、適切な補償を見つける必要がある情報を取得する必要があります。 頻繁に保​​証されたライフポリシーの候補者:

(@)は永続的な健康問題を抱えています(@@)

(@)レガシーを離れるか、最終費用を与えるために補償が必要です それ自体は借金なしに残されています。 (@@)

保証された問題Life

保証された問題ポリシーは通常、物理的で既存の医学的病気を必要としません。 プロセス。 多くの場合、そのようなアプリケーションには、名前、住所、ID番号、性別、受益者などの一般的な情報のみが必要です。

死亡給付は一般に、待機期間後に死が発生した場合、受益者の全額額面を支払います。 ポリシーは通常、保険契約者が全額についてカバーされることは決してない1〜3年の間隔を指定します。 この期間フレーム中に死亡が発生した場合、受益者は有利な保険料のみが支払われる可能性が高いだけです。 ただし、被保険者に致命的な事故が含まれている場合、ほとんどの企業は受益者に全額を支払うことができます。

保証された問題ポリシーを含む長所と短所があります。 いくつかの利点は次のとおりです。

(@)プレミアムは増加しません(@@)

(@)、ポリシーの収益はしばしば不動産税がありません(@@)

(@)ポリシー 受益者が別の手で(@@)

という名前が付けられている場合は、あなたとあなたのクライアントが以下に関して懸念を抱く可能性があります。 費用がかかる(@@)

(@)待機期間は長くなる可能性があります - 約3年(@@)

(@) 彼/彼女は、より安い可能性のある別の種類のカバレッジを購入できるかもしれません。 (@@)

短所が特定のクライアントの利点を上回る場合、簡単な問題ポリシーが本当に良い選択です。 このようなポリシーは、発行日から始まる完全な額面を提供します。 これらの政策は、40歳未満の人々にとって最適な場合があります。40歳未満の人々、すぐに完全な利益が必要です。

「無意識」は多くの困難な計画の決定に直面していますが、誰もが生命保険の補償が提供する保護補償を必要とします。 保証された発行ポリシーにより、簡単な段階的な承認があります。